30代40代からの生き方.com 

 結婚しますか?仕事に生きますか?

         公的給付金をもらって得する方法

                療養費をもらう編


急なケガ、病気、出先で保険証が無いときは
あとで申請すれば療養費として戻ってきます
TOP
サイトマップ
シングルの選択
平凡な人のライフプラン
今から仕事
今から習う
出会い結婚
サラリーマンOLも
在宅副業をしよう
保険について
介護について
年金について
給付金をもらう
(仕事編)
給付金をもらう
(結婚編)
給付金をもらう
(生活)
給付金をもらう
(医療・介護)
給付金をもらう
(死亡災害)
給付金をもらう
(シングルマザー向け
ネットでバイト月に3万副業節約する方法
おすすめ書籍
Link
お問い合わせ
かんたん相互リンク

管理人最近コラム

プロフィール・
お見合いコラム


仕事コラム

保険年金コラム

管理人が登録しているお得なサイト

無料で遊ぶ
              
                   療養費の支給




保険証を持っていないときに、病院にかかったときは全額負担です。
やむない事情で保険診療を行っていない医療機関でも全額負担ですね。



でも、あとで自分で申請すれば支払った医療費の7割を払い戻しができます。(各病院で保険証を持っていけば払い戻しできることもあります)
申請から支給までは、2ヶ月程度かかります
(審査会で検討するため)



ただし、保険がきく範囲での診療が基準です。
※どこからどこまでが保険診療かは、医師や会計窓口で確認してください。



【保険診療が難しいケース】

  • 保険の資格取得届の手続き中で被保険者証が未交付中だった
  • 療養のため、医師の指示により、義手・義足・義眼・コルセットを装着したとき
  • 生血液の輸血をうけたとき
  • 柔道整復師等から施術をうけたとき



申請について

対象者:健康保険加入者
申請先:「健保」社会保険事務所」か健保組合「国保」市町村役場「共済」共済組合
必要なもの:@病院の領収書A健康保険証B印鑑






















 医療介護の給付金をもらうページへ  30代40代の生き方 TOPページへ   サイトマップ






Copyright(c) 2004 30代40代 All Rights Reserved