30代40代からの生き方.com 

 結婚しますか?仕事に生きますか?

            <年金について>


              30代40代でしておくこと編

TOP
サイトマップ
シングルの選択
平凡な人のライフプラン
今から仕事
今から習う
出会い結婚
サラリーマンOLも
在宅副業をしよう
保険について
介護について
年金について
給付金をもらう
(仕事編)
給付金をもらう
(結婚編)
給付金をもらう
(生活)
給付金をもらう
(医療・介護)
給付金をもらう
(死亡災害)
給付金をもらう
(シングルマザー向け
ネットでバイト月に3万副業節約する方法
おすすめ書籍
Link
お問い合わせ



        <年金について30代40代でしておくこと管理人編>




公的年金受給シュミレーションで、まず自分の将来の年金額を予想します



@年金手帳を確認・・・社会保険事務所か市区町村で年金歴確認
              (特に専業主婦・フリーター)


A国民年金が払えない人は・・すぐに免除申請をする(タダで受給資格)


B国民年金だけ人は・・・基金の検討。もらえる年齢も設定できる。利率よし


C自営業の人は・・・・小規模共済+(国民年金基金か確定拠出年金)で上乗せ


「小規模共済」とは  利率は1%なので利回りは少ないが税金でお得です


確定申告で全額控除対象になるのと、事業の為に貸付制度もあります。企業の保険を増やすより小規模共済を最大まで掛けた方が節税ですね。


従業員が20人以下の役員か個人事業主が加入
商工会議所や金融機関で申込書があるので申し込みます
個人申込み=確定申告書を提示すれば申込みができます


月額1000円から70000円までの掛け金です


受け取りについて
年金なので60歳から受け取りができます
一括受け取り=「退職所得」で退職所得控除が受けられます
分割受け取り=「公的年金控除対象の雑所得」となります


◎亡くなった場合は家族への相続となり500万×法定相続人」が控除されます
◎解約(事業をやめる)は一時所得扱い。65歳以上なら退職金扱い。


投資で年金を作る!
サラリーマンも自営業も年金を上乗せしながら全額控除の401K


401K(確定拠出年金)に加入
投資信託や債権などで運用しています
銀行や郵便局、証券会社で手続きをします


全額控除になりますし、年間816,000円まで掛けることができます
サラリーマン月額18,000円まで
自営業    月額68,000円まで



401Kメリット
全額控除
障害一時金あり
途中で会社を変わったり個人から就職(逆も)しても持ち運びができます
運用会社を変えることもできます
時代によって運用商品を変えることができます
(銀行残高にお金が無ければ引き落としせず、追って支払いもありませんので困ったときは口座をカラにしましょう)


401Kデメリット
注意は60歳までは絶対解約できません



D年金額の確認・・・・とりあえず、現時点での年金額を予想して、
              貯蓄や保険を検討する。シングル3000万夫
              婦で7000万程度らしいので、足りなそうな金
              額を出し、計画をたてる。
              会社員なら遺族年金がつくので、安心な面が
              ありますが、自営業の妻はほとんど無いの
              で、保険、貯蓄、基金、小規模共済を検討


E専業主婦・・・30代の主婦なら40前に働きだして厚生年金加入で
          きれば年金加入の職場を選ぶ。もったいないか
          ら。自分の年金が32万程度(目安)増えます
          無理なら在宅チェック


Fシングル・・・少ないといえど、年金は必須
          医療保険は増やしたい。年金保険は今は率が悪い
          のであまりおすすめしません。


G家族・・・・・・以前入った保険の見なおし。


生命保険を共済にすると、ぐんとお安くなります
ただし、60歳や65歳まで、というところが多く、それから他に入るのは高くなります。一般とどちらがいいかは、検討ください。



☆30代40代はほとんどが、厚生年金も65歳からの年金。

定年後の5年間は退職金・貯蓄でいければいいけれど、2人夫婦で60から20年で7,000万、シングルでも3,000万程度いると言われています。


もっと早くにこれしとけば良かった、もありますが、今でも充分間に合います。知識は金なり〜です(という管理人もわずかしか知りませんが、勉強してよい情報あれば、ご紹介しますね)
知っておくだけでも、もらい忘れ損が減ります。
もらうお金というのは、自分で申請しないと絶対くれませんから。


管理人的にはシングル3,000万は最低金額と見ています
今から貯蓄や運用を勉強しておきましょう


でも、楽しく生きつつ使えるものは使って、欲しいものもがまんするのも体に毒なので、楽しく、お得にやっていきましょう!


特に難しく考える、ということではなく、知っておくと目安がわかって計画が立てやすい、ということです









30代40代の生き方 TOPページへ   サイトマップ



Copyright(c) 2004 30代40代 All Rights Reserved